オタクに人気

車内

痛車のイベントが一般化してきています

アニメやゲームのイラストやロゴを車体に大がかりに装飾したのが「痛車」です。「イタイ車」という意味で、2000年代は奇異の目で見られることが多かったですが、2010年代に入り自分の愛車を加工して痛車にする人が増えました。その後、痛車のイベントも増えてきて、その認知度は次第に上がってきています。 痛車のイベントとして最初期のものは、2007年のコミケの際に同時開催された「あうとさろーね有明2007夏」です。その後、地方でも痛車のイベントが開かれるようになり、岐阜県可児市、栃木県足利市などでの開催が知られています。オタク同士の交流と一般人へのPRの機会であると同時に、街おこしの一環という側面があり、今後はさらに開催数が増えていくと予想されます。

痛車はどこで見ることができる?

痛車を見ることができるのはイベントだけではありません。最近は本当に痛車の台数が増えてきたので、街中を実際に走行しているところを見かけることもあります。よく見るのはやはり秋葉原で、路上を当たり前のように走っている姿が見られます。また秋葉原UDX駐車場は「痛車の聖地」と呼ばれるほど多く集まることで知られています。 都会に限らず地方でも、アニメショップやゲームセンターに行くと駐車場に痛車が停まっていることがあります。地方においては車に乗る頻度が都会よりも圧倒的に多いので、いっそう気合いを入れて装飾しているオーナーが多いです。 稀な例としては、カーショップのオーナーが遊び心で痛車を作ってショップに展示している場合があります。

おすすめ記事一覧

車の模型

相応の技術と工具で補修

デントリペアは、車体の小さなへこみを目立たなく補修することができます。一件簡単そうに見えますが、技術が必要となるので、専門の業者に任せましょう。デントリペアには、技術者としてのライセンスを有する業者に依頼すると安心です。口コミや評判も参考に、腕の良い業者を探しましょう。

メンズ

簡単なものは安い

ドライブレコーダーは運転の様子を簡単に記録できるものです。単純な記録だけなら2万円程度で購入できるものが多いです。労務管理まですることができるような本格的なものは本体に直接取り付けることになるので費用がかかります。

男性

傷ついた車を修理する方法

大阪で板金塗装を依頼するときには、業者選びとして自動車関連の知り合いがいれば、その人を頼りましょう。関係者の知り合いがいない人は業者に相談に行き、作業している現場を見させてもらい業者の善し悪しを判断します。