足つぼ・ツボ刺激をしてはいけない人について

足つぼ・ツボ刺激をしてはいけない人について

足つぼ・ツボ刺激をしてはいけない人について

腰痛のケースの場合、足ツボを丹念に刺激することで効果が得られることが有る。しかし、それは同じ腰痛でも姿勢やポーズの悪さや慣れていない動作によって生じた痛みや、長時間の運転、準備不足の運動による痺れ(しびれ)や痛みである。

 

但し、老化による変形性脊椎症など骨の異常による病気には対しては、足ツボはおろか、全身のツボでもやっぱり効果は待望不可能だ。また、胆のう炎や癌でも腰痛は生じることが有る。そのケースの場合もツボ刺激では効き目はない。むしろ、効かないままに自分の家などでツボ刺激に当てにしていたばかりに、治療が手遅れになることにならないよう、注意が必須である。

 

ツボ刺激療法は、熱があるときや極端に身体が衰退している時は、やめたほうが良いだろう。また治療の前後は、すぐに入浴したり飲酒をするのはやめたほうが良いと言われる。身体の老廃物がスムーズに排出されるよう、水分を充分に摂ると良いとも言われる。特に、まだ治療になれていない人は、治療後に身体が重だるく実感したり、熱っぽく実感したりすることも有る。

 

しかしこのような症状は、以下の日には消失するので殆ど心配はいらない。身体がなれてしまえば、少しずつこのような症状は消えていくとだろう。もしなかなかどうして消えないケースの場合は、刺激量が多すぎるのかもしれない。刺激量を整えたほうが良いだろう。

 

足ツボは、足を怪我しているケースの場合や、脳出血、脳血栓の直後、心臓病や重い腎臓病、悪性腫瘍、妊娠中、不整脈があるケースの場合などは刺激してはいけない。

トップへ戻る