タイプ別不眠症

不眠症には多種多様なタイプがある。どういうタイプがあるのかここで少しご案内してみたいとおもわれる。

 

≪寝つきが悪い≫
いざ寝ようとして布団に入ってもなかなかどうして寝付けないタイプを、入眠障害タイプと言う。しかしながら、このタイプはいっぺん眠ってしまうと朝までおきないケースの場合がおおく、不眠症に1番少なくないタイプと云える。

 

≪眠りが浅い≫
少しばかりの物音で目が覚めてしまう等、眠りが浅いタイプを熟眠障害タイプと言う。
割りと神経質な人に少なくないタイプで、高齢者の方にも少なくないタイプである。

 

≪朝早く目覚める≫
どのようなに遅く就寝しても朝早く目覚めてしまうタイプを早朝覚醒タイプと言う。
おきてしまうとなかなかどうして2度寝等できなく眠れなくなる風潮がある。

 

思ったより高齢者の方や躁うつ病の方に少なくない症状だとされている。

 

≪就寝している途中でおきる≫
夜中に何回も目が覚めてしまって結局眠れなくなるタイプを中途覚醒タイプと言う。
この状態をくりかえすとトータル的には長い時間就寝しているのに、熟睡が出きていない為に就寝した気がしない、体がダルいと云うのが特徴点である。

 

不眠症と云うのは体の不調からくるケースの場合も少なくない。
また、不眠症がつづくと動悸、息切れ、めまい、頭痛、疲労累積等体調を崩したり苛立つしたりして体にも負担がかかるように成る。そうなると日常の生活にも支障がでてくるのである。
そうならない為にも、体調を治すようにする等、体にも気を付けるようにする事が肝心だとおもわれる。

トップへ戻る