≪予防医学と食事≫糖尿病の食事に関して

≪予防医学と食事≫糖尿病の食事に関して

≪予防医学と食事≫糖尿病の食事に関して

予防医学には、健康な身体を作って未然に病気を防ぐことだけでなく、万が一病気になってしまっても早い時期に適切な治療をすることでそれ以上悪化させないようにすることも含まれている。
糖尿病の食事療法などは、予防医学の分類では後者にあたる。
食事を工夫して予防医学に努めよう。

 

糖尿病の人は、すい臓から分泌されるインスリンが少なかったり活動が弱かったりするため、食べ過ぎによってブドウ糖が増加し過ぎると処理しきれず、血糖値があがってしまう。
その為、糖尿病や高血糖で、血糖値をコントロールする必須事項がある人は、食べ過ぎをやめて摂取エネルギーを抑制することが肝心である。
摂取エネルギーを抑制すると言っても、甘いものはダメとか、主食のご飯がダメというわけではない。
基本中の基本的に食べてはいけないものが決まっているわけでもなく、量と栄養バランスに注意をすれば良いのである。
食事を工夫した予防医学としての食事を考える際には、食品交換表を上手に活かすと良いかと思う。
食品交換表は主な栄養成分によって食品をグループ分けしてあるため、万遍無く栄養を摂るために非常に参照事項になる。
また、80kcalを1単位として表示してあり、カロリー計算もしやすくなる。

 

食事を工夫した予防医学として血糖値の急上昇を抑え、すい臓の負担を軽減するには、1日3食を規則的に間違っていない時間に摂ることが肝心である。
インスリン分泌のリズムを乱さないよう、食事抜きやまとめ食べはやめるようにすべきだ。
また、食物繊維も血糖値をコントロールするのに適切である。
食物繊維は消化に時間がかかるので、血糖値の上昇がゆるやかになる。
海藻類やきのこ類、雑穀などをなるべく積極的に摂りたいところだ。

トップへ戻る