ビタミンやミネラルを大量摂取したケースの場合

ビタミンやミネラルを大量摂取したケースの場合

ビタミンやミネラルを大量摂取したケースの場合

ビタミンやミネラルを大量に体内に摂取したらどうなるのだろうか?
ある一部のミネラル類を除いては大量摂取してもあまり意味がないといわれている。
この「ある一部のミネラル分」というのは大量摂取という意味であるが、これはあまり現実的ではない量を長年に渡って摂取し続けたケースの場合という意味で本当にまれなケースの場合に限ったことであるのであまり心配する必要はないかと思う。
人間の身体のしくみとして、ビタミンやミネラルが必要以上に摂取されると蓄積されることが出来ないために、尿として排出されるような仕組みに為っている。

 

であるから必要以上にビタミンをとっても、普通量とっても変わらないと言う事である。
であるから、一回で3つたべれば充分といういちごを10個食べても変わらないし、うなぎを1匹食べれば充分というところを2匹食べても変わらないと言う事なのである。
過剰摂取したビタミンやミネラルは汗や尿として排出されてしまう訳であるから。
同じようにビタミンやミネラルを錠剤として(サプリメント)として大量にとっても何の変化もないと言う事になる。
とは言っても大量摂取してしまうケースの場合があるかと思うが、サプリメントに関連して言うと健康食品という名目であるので大量摂取しても後遺症とか心配する必要はないと思う。
但し、薬として処方されたケースの場合はその限りではないので注意が必要である。
要領用法を良く守って摂取するようにすべきだ。

トップへ戻る