<ダビング10>地上デジタルテレビジョン放送の録画規制

<ダビング10>地上デジタルテレビジョン放送の録画規制

<ダビング10>地上デジタルテレビジョン放送の録画規制

地上デジタルテレビジョン放送が開始すると云う事にかんしては、もうテレビや新聞等で何回も解説されている為、気付いている人も少なくないかとおもわれる。
ここで重要なのは、今までのテレビが使えなくなると云う事は、その周辺機器として1番普及しているビデオ・DVD・HDDと云った録画用機器はどうなるの? と云うところである。
これも、地上デジタルチューナーを買い付ければ外部入力と云う形での録画は可能である。

 

ただ、機器とは別の面で、これまでとはちがう形が誕生している。
それは、ダビングが規制されると云う事である。
デジタルデータのコピーは短時間に多量に造れる為、海賊版漏出等を規制する為にも、必要だと云う決断がなされたのである。

 

この規制の為に、総務省の「情報通信審議会 情報通信政策部会・デジタル・コンテンツの流通の促進等にかんする吟味委員会」と云うやたら長い名称の委員会が、デジタル放送の録画はダビングなしの1回きりだ、と云う制度をつくりた。
これはコピーワンスと呼称されるルールである。

 

しかしながら、それではあまりにも使い勝手が悪いと云う事で、各方面からブーイングが飛び交った結果、それではもう少し緩和(かんわ)しようと云う事で誕生したのが、ダビング10と云う案である。

 

ただこのダビング10も、いっぺんはまとまる流れがあったものの、まだ問題があると云う意見がおおく、なかなか確定せず、迷走は長く続きた。
1つの事を決定させるのにこれだけ時間がかかるのも、ダビング10がそれだけむずかしい問題だからと云えるのだろう。

 

世俗に有益な話柄

トップへ戻る