「紅白歌合戦」の歴史

紅白歌合戦の歴史にかんして記述していってみたいとおもわれる。

 

[初回]
初回と云うか「紅白歌合戦」の原型、元に成る番組が初めであるようで「紅白音楽試合」と云う番組が昭和20年に放送されていた。この番組は非公開で実行された音楽試合で「音楽の試合」と云う名前もしくは名称にふさわしく歌だけでなくバンドとかバイオリンとか尺八とか音楽なら何でも有りのジャンルで実行されていたようである。

 

[第1回から第3回](昭和26年1月から昭和28年1月)
第1回から第3回はラジオのお正月番組として放送されていた。タイトルもここからは「紅白歌合戦」と云うように変わり第1回目は大晦日ではなくて1月3日に放送されていたようである。また歌合戦の興奮が聴いている人に伝達されるようにと第3回目にはスポーツ担当のアナウンサーを実況担当として入れてお茶の間を楽しませていたそうである。

 

[第4回](昭和28年12月)
この年からテレビ放送が開始に成った。それを受けて紅白歌合戦もラジオからテレビに移行し、放送日もお正月から大みそかへとシフトした。であるから昭和28年はお正月と大晦日の2回実行された事に成る。またテレビ放送開始の回から「第★回」と云う回数を表示されるように成ったが、初回であった「紅白音楽試合」はこの回数には含有されていないようである。
また大晦日になった事の一因には出場する歌手の人達のスケジュールがおもったより付けやすいからだと云う事が挙げられていたようである。

 

世相を反映する特種案内

トップへ戻る